まだ食べないダイエットを続けますか?

2018.12.20 12:12:55

まだ食べないダイエットを続けますか?

ダイエットを行うときに、手軽に行えて、スピーディーに痩せることができるので
『食べない』という選択肢になる方も多いと思います。
摂取カロリーを減らせば痩せると思っている方も多いと思います。

 

 

ダイエットをしているのに太っている方の食事例としては

 

・朝食を抜くや夕食を抜く
・カロリーゼロや低カロリーのものだけを食べる
・何も食べない

 

というように行っている方は多いのではないでしょうか?
確かに、全体的な摂取カロリーを減らすことができているので
数値としては、落ちてきている方も多いと思います。

 

 

ですがそのダイエット・・・。

『リバウンドしやすいダイエット法』です!

せっかく痩せたのに、少し多く食べただけで太ってしまう・・・。
何度もリバウンドをし、痩せにくくなってきた・・・。

 

 

『食べないダイエット』のリバウンドしやすい理由とは?

■基礎代謝量が減る
基礎代謝量とは、生命活動を維持するために必要なエネルギーです。
食べないことにより栄養が摂れなくなってしまうので、
体の内部からエネルギーを作り出そうとしてくれますが、
エネルギーを作り出す際に筋肉や脂肪、内臓、骨などを削ってエネルギーにします。
筋肉が少なくなってしまうと、基礎代謝量のうち18%は筋肉で消費されるので
基礎代謝量が減ってしまいます。
そうなると、摂取できるカロリーが減ってしまうので、リバウンドがしやすくなります。

 

 

■血糖値が上がりやすい
空腹の時間が5時間以上過ぎてしまうと、体にエネルギーがなくなってしまいます。
体がエネルギーを欲しがっている状態で食事をすると、血糖値が急激に上がってしまい
早く処理しようとインスリンが大量に分泌されて、急激に下がります。
そうすると、体のエネルギーとして使われず、脂肪として蓄えられてしまいます。

 

 

■体温が低下する
基礎体温が低下してしまうと、内臓が正常に働かなくなります。
内臓の働きで基礎代謝量の約40%が消費されるため、基礎代謝量が低下します。
血行が悪くなることにより、栄養を運べずに新陳代謝も低下し、
新しい細胞も生まれにくくなり、肌荒れにも繋がります。

 

 

■脳が餓死状態になる
脳や体に極度なストレスを感じてしまう為、自分を追い込みすぎてしまい、
摂食障害になりやすく、過食に走りやすくなります。
甘いものや小麦粉など依存性の高い食べ物に執着しやすくなり、
やめられなくなってしまうこともあります。

 

 

というような原因でリバウンドに繋がりやすくなってしまいます。
では、健康的に痩せる為には、どのようにダイエットすると良いのか・・・。

 

カロリーコントロール

カロリー制限で太ってしまう!?ダイエットを成功させる5っのコツ!!

ケトジェニックダイエット

「おばあさまたちにとうなし」あなたにも出来るケトジェニックダイエット!!

 

上記の2つが体に負担をかけすぎず、ダイエットを行う方法になります。
食事の管理とプラスで運動をすることでより効果的にダイエットを
行うことができ、トレーニングの効果によって体が引き締まってきます。

 

drench worksでは、お客様のライフスタイルに合わせて
お食事の内容トレーニングを考えて行っています。
自分で食欲に勝てない方運動が続かない方
プロの手を借りてダイエットを行うことが綺麗への近道になります。

 

 


最後までお読みいただき、ありがとうございます!

いかがでしたでしょうか??

こんなことが知りたいというものがあれば、是非リクエストください。

 

 

BEST GYM AWARD 2017受賞
drenchworks(ドレンチワークス)
札幌市中南3条西3丁目10 三信ビル8F
011-218-7447

 

ドレンチワークスが選ばれる5っの理由とは!?
http://customworks.jp/lp201908

 

お客様の劇的ビフォアフター満載!!
インスタグラム
https://www.instagram.com/drenchworks/

 

ダイエットを成功させたお客様の声
https://customworks.jp/voice

 

お友達募集中!!

トレーニング動画や、お得なキャンペーンなど配信しています☆