様々なトレーニング法⑥

2018.03.05 17:03:21

こんにちは!
様々なトレーニング法シリーズ!
今回はパーシャルレップ法についてです!

 

 

 

パーシャルレップ法とは??

パーシャルレップ法は「一部分の、部分的な」という意味です。
通常のトレーニングではフルレンジ(全可動域)で行い、筋肉を伸展、収縮させることが多いですが
簡単に言うと、このパーシャルレップ法は、可動域を制限して追い込むトレーニング方法ですので、一人でも充分に追い込めますね!

 

 

 

パーシャルレップ法ってどうやるの??

まずは普段行っている回数、セット数、重量でベンチプレスを行います。
重量60kg、回数10rep、3setで設定した場合、2セット目までは設定どおりの重量、回数、インターバルで動作を行います。
3セット目に入ったらまずは10repしっかりと動作を行いますが、3セット目の6~7発目には全身の力を込めないとバーベルが上げられない状態になっているはずです。そこからパーシャルレップが始まります。
通常は腕を伸ばした状態から胸に付く辺りまでバーベルを下ろしますが、その半分、四分の一、三分の一など決めた範囲内だけでバーベルを動かします。
※ティッキングポイント(動作が一番辛い所)付近で行うのが特に効果的です。

 

 

 

パーシャルレップ法のメリット!

■一人でもしっかり追い込める
■怪我をしている時でもトレーニングが出来る
■筋肉のテンションを維持出来る

一人でもしっかりと追い込めるのは相当なメリットですよね!
個人的にもよく行うトレーニングですね!
胸のトレーニングや肩のトレーニング時によく行う事が多いですね!
初心者の方でも簡単に追い込めるので、ぜひトライしてみて下さいね!!!
今日はここまでです!

 

参考になったらFacebookのいいねボタン押していただけると嬉しいです!
また次回も見てください!!!