簡単にダイエットを行う方法とは!?

2019.06.12 17:06:06

ダイエットは、食事制限をして運動をして・・・
時間もないし、無理な食事制限もしたくない・・・
でも『痩せたい!』と思っている方は多いかと思います。

 

そんな方にオススメなダイエット法があります。
豆乳ダイエットという方法を紹介していきます!

 

食事制限がなく、比較的継続しやすいダイエット方法ではありますが、
短期間で-5㎏などの効果は薄いでしょう。

 

期間をかけてあまり無理をせずにダイエットしたい方にオススメです!

 

 

【豆乳ダイエットの効果】

 

◎たんぱく質が筋肉量の維持に役立つ
→筋肉は分解と合成を繰り返しており、筋肉の合成に役立ちます。
運動をしていないので、筋肉量の減少を抑えることができます。

 

 

◎大豆サニポニンがインスリンの効果を高める
→血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されて血糖値を下げてくれます。
この過程で脂肪が作られるので、血糖値の上昇を抑えることが大切です。
大豆サニポニンを摂取すると、インスリンの過剰分泌を抑えられます。

 

 

◎大豆レシチンが脂質の代謝をサポートする
→脂質は血中に漂っています。
その脂質をエネルギーへと変換しやすくしてくれます。

 

 

◎イソフラボンがホルモンバランスを整える
→大豆イソフラボンを摂取することでエストロゲン(女性ホルモン)と
似た働きをすることにより、生理前の食欲を抑えてくれます。

 

 

◎ビタミンB1とB2がエネルギー代謝をアップする
→ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する効果があり、
炭水化物を食べた際にエネルギーとして消費してくれます。
ビタミンB2は糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに変換する効果があります。

 

 

 

【豆乳ダイエットの効果的な方法】

 

①食事の30分前に豆乳を飲む
→大豆サニポニンが食欲を抑えてくれるので
 食べる量が少なくなり、カロリーが減ります。
 自然と食欲が抑えられるので、意識をして食事量を減らす必要がなくなります。

 

②生理7日前から生理日まで毎日豆乳を飲む
→女性ホルモンの関係で生理後の体重減少が期待できます。
 定期的に生理がくる方は、生理予定日の7日前から飲みましょう。
 生理不順の方は、生理が終わった2週間後から飲みましょう。

 

 

 

【豆乳の選び方】

様々な種類の豆乳が売られていますが、できれば
カロリーが低いものがオススメです!

フレーバー入りではなく、『無調整豆乳or調整豆乳』がオススメです!

 

 

 

 

【1日の摂取量】

イソフラボンを摂りすぎると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
イソフラボンの1日の上限は70~75mlなので、300ml程度に抑えましょう。

1日に200ml程度が理想です。

 

 

ダイエットの効果を早めたい方は、プラスでカロリーをコントロールしたり
運動をプラスすると、より効果的にダイエットが出来ます!
簡単ですが、時間のかかるダイエット方法なので、めげずに
継続することがポイントです。

 


 

BEST GYM AWARD 2017受賞
drenchworks(ドレンチワークス)
札幌市中南3条西3丁目10 三信ビル8F
011-218-7447

ドレンチワークスが選ばれる5っの理由とは!?
https://customworks.jp/lp201812/

 

お客様の劇的ビフォアフター満載!!
インスタグラム
https://www.instagram.com/drenchworks/